doof_doof

Doof Doof(ドゥーフ・ドゥーフ)

Doof Doofは、イエン・ライナムによるデザインライティング・ワークショップのシリーズの一つです。

“Doof Doof”という言葉に親しみがない方へ:これはオーストラリアのテクノミュージックに使われるスラングの一つです、
(このワークショップはテクノミュージックとは何の関係もありません。この言葉がただ大好きです。)

GROW_activations_09_photo_credit_patricia_valle

「Doof Doof」は、地域固有の新語学であり、特定の用途を持つ、新しく作成された言語/視覚言語のローカライズされた言葉です。それは、すでに名前を持っていた何かを説明するために天空から何らかの形で召喚された言葉です。

私はこの言葉が大好きです。Doof Doofワークショップの主な目的は、視覚的な言語を取り入れ、議論の構造を調べることで、生徒が書くことに対する恐怖を克服することです。

write

ワークショップでは、書くことに対する構造的なアプローチ、よりよく味付けをする方法、個人の視点を含めることによって書く力を強化する方法を評価します。 参加者は、自分の脆弱性、デザイナーとしての目標を評価し、ビジネスメールから批判、回顧録に至るまで、魅力的な文章を作成できるデザイナーになる方法を学びます。

ワークショップでは、対位法、信頼性、装飾、キッチュ、進歩理論、興味、影響に加え、さらに多くのことを探求します。これらはすべて、ライティングに対する知的、感情的、合理的、真面目、コメディ的なアプローチを駆使します。

GROW_keynotes_08_photo_credit_patricia_valle

CalArts(California Institute of the Arts)のMFAグラフィックデザインプログラムで開催された最初のワークショップは、8時間に及ぶ、楽しい集中的なエクササイズ、綿密なリーディング、および新しいデザイン理論の意味を探るプロジェクトでした。

write2

もしあなたのデザインプログラムの生徒のライティングスキルを向上させたい場合はご連絡ください!

GROW_activations_07_photo_credit_patricia_valle
GROW_general_07_photo_credit_patricia_valle