A000096_Albin-Heinrich_crop

第27回Brnoビエンナーレ研究室

チェコの伝説的な展覧会のキュレーション、講義、執筆、編集。

室賀清典と私は、第27回Brnoビエンナーレの研究室をキュレーションしました。 研究室は、2か所の専用ギャラリーでビエンナーレを訪れる人向けに空間的に編成された40以上の出版物のコレクションです。

Ian Lynam at Brno Biennial 2016.

研究室は、9つの異なるテーマの「島」、国境と一般的な東洋化の傾向を爆発させる緩やかなグループ分けで構成されています。

Ian Lynam & Kiyonori Muroga Brno Biennial 27 Study Room

9つの島:

  • 世界への注文
  • 文化をつなぐ
  • スペースの構成
  • ジェスチャー
  • 象徴主義と文化構築
  • スペースとテクスチャ
  • 近代化の構築
  • ポエシス
  • 現代文科の整理
  • 言語の視覚化
  • 分析
Ian Lynam & Kiyonori Muroga Brno Biennial 27 Study Room

各島には、室賀さんと私が選んだアジアとのつながりを持つデザイナーが提案した出版物がたくさんあります。
研究室への貢献者は次のとおりです。

また、研究室用のカスタムサウンドトラックも作成しました。こちらでお楽しみいただけます。

We also created a custom soundtrack for The Study Room which you can enjoy here.

Ian Lynam & Kiyonori Muroga Brno Biennial 27 Study Room

「島」をテーマにしたビエンナーレの立ち上げ時に講義を行いました。Svetlana Boymの「off-modern」、Villem Flusserの西洋合理主義と東洋プラグマティズムの分裂,そしてNicolas Bourriaud のaltermodernism など様々な視点を通して、オリエンタリズムとアジアのグラフィックデザインの歴史を調べました。

Brno Biennial 27 Study Room curated by Ian Lynam and Kiyonori Muroga of IDEA Magazine

また、研修室についての長文エッセイと、現代デザインに関するアイデア、および2年ごとのカタログのデザインのローカル概念とグローバル概念のずれについても執筆しました。 ここに私たちのエッセイの概要があります。

Tabula Rasa: Worlds Connecting or Design Mannerism

近代化の勝利の結果として、「デザイン」という言葉が世界中で流行しています。 あなたはデザインについて話すことができますが、それは現代のデザインの規律と確立されたルーブ内で会話を位置づける場合に限ります。

Brno Biennial catalog

しかし、「デザイン」という言葉の基本的な意味とそれがどのように解釈されるかはそれほど明白で一般的ではありません。 解釈、考え方、ニュアンスは、文化や文化、国によって異なります。 20世紀のグラフィックデザインの歴史は豊かで意味のあるものになりましたが、「デザイン」が実際に何であるかについての認識のバリエーションは、深く探求されていません。 冷戦時代、ブルノビエンナーレのような出版物やイベントは、文化間のデザインの定義方法など、潜在的な文化交流の玄関口として機能しました。

Brno Biennial catalog

20世紀の終わり以来の急速なグローバル化により、グラフィックデザインは非常に厳密になりましたが、同時に非常に均質になりました。 現代のグラフィックデザイン(とデザインの言説)はますます蒸留され、文化資本、文化的生産、および中央集権的な言説としてのデザインの確立された境界外の文化と歴史を除外するようです。 皮肉なことに、「地域性」と「グローバル性」の区分が非常に深く、テクノロジーと経済がグローバルなコミュニケーションの速度と容易さを高めています。

Brno Biennial catalog

しかし、確立された規範(西洋のモダニズムの理想、規範、形態の確立された軌跡)から逸脱した個人や作品がありました。 ローカライズされた知識の本体(地理的または形而上学的なもの)を調達できないというグローバルな不可能性は、Brno Study Room 2016のキュレーションの観点から私たちにとって(出版物を周辺に掲載するか、グラフィックデザインの談話、弁証法、理解の西洋のアイデアの完全に外部に公開するため)。最も興味深いものです。

Brno Biennial catalog

Brnoビエンナーレ研究室2016は、テクノクラート、文化、および「その他」の活動の領域である「世界」として認識されているものを、「ローカル」と「グローバル」の間のスリッページを調整する場所に再接続することを目指しています’東洋化を回避し、謎を伝え、理解を促進する、これまで見えなかった方法で。私たちは、「デザイン」が世界的に一般に受け入れられているように見えますが、実際には多数の態度や視点を表しています。

Brno Biennial catalog

Reading Roomの出席者は、最も生来の形であるtabula rasa(白紙)を考えるように促されます。これは、ローマ人がメモを取るために使用したワックススレートです。この展覧会に参加する前に、実際にデザインが何であるかという先入観を念頭に置いて、心を温めてください。ネオリベラル時代のビッグ5(Amazon、Apple、Facebook、Google、Microsoft)は、意思決定とイデオロギーの形成において自治権の世界の市民を削ぎ落とし、個人をユーザーから単なる参加者に移行させています。私たちの希望は、研究室に出会った人が反対をすることです。その中の発見は、代わりに、エージェンシーと再評価、神秘とより大きな意味の感覚を植え付けます。

Brno Biennial catalog

また、カタログの大きなセクションを編集し、招待された学習室の参加者全員が出版物の選択についてインタビューを受けました。

Brno Biennial catalog

第27回ブルノビエンナーレへの貢献に招待されたことは光栄でした。キュレーター、モラヴィアギャラリーのスタッフ、ビエンナーレの仲間の参加者、そして出てきたすべての人々に多大な感謝を。