NikeFreeIanLynam 5

Nike “Train to Win”

Nikeのアジア・太平洋地域用の商品ラインアップ冊子とDVDを制作しました。

Sailors 1

Sailors

シンガポールを拠点とする、新しいクリエイター支援企業のロゴや、シルバー単色の印刷物(名刺、レターヘッド、パンフレット等)、レスポンシブWebをデザインしました。

store-1

Huis Ten Bosch

長崎県のテーマパーク、ハウステンボスの最新施設「健康と美の王国」のブランディングとデザインコンサルティングを行いました。

「イエンは芸術家、出版者、作家、デザイナーとして、(猫のように)九つの命を持っているんじゃないかと疑いたくなるほど活発に活動しているから、こちらは何をしているのか把握するだけでひと苦労です。でも彼はただ単に技術を提供してくれるのではなくて、高尚、低俗、ポップ、マイナーに関わらず様々な文化への深い理解を示してくれるから、それがクライアントにとって計り知れない価値になるのだと思います。他のデザイナーが最近のトレンドの上っ面をかすめるだけだとしたら、イエンは歴史の知識とモチーフや字形、そして彼自身が扱う画像の意味をしっかりと理解した上で根本まで掘り下げてくれるんです」

– クロエ・ユーダリー

Reading Frenzy

WholeFoods-14

Whole Foods “Values Matter”

ホールフーズの書体デザイン。

Tokyo Fashion WeekTokyo Fashion Week 2013のロゴとアイデンティティ。

Tokyo Fashion Week

Tokyo Fashion Weekのロゴとアイデンティティ。

Saga Swimwear

Saga Swimwear

サンフランシスコに拠点を置く水着デザイン会社、Sagaのアイデンティティ。

「イエンはクライアントのニーズに応えるだけでなく、それをさらに上回る結果を出してくれる豊富な技術と才能、それに柔軟性を持つ、実直で素晴らしいグラフィック・デザイナーで、我々とのこれまでの仕事でもまさにそれを実証してくれている。彼はコラボレーションの相手としても素晴らしく、誰に対しても自信をもってお薦めできる人物です」

– ジョゼフ・キーティング

Klein Dytham architecture

ポートランドのエレクトロミュージシャン、YACHTのためのロゴ、書体規格、それに数種類の印刷物からなるアイデンティティ。

YACHT

ポートランドとロサンゼルスのエレクトロミュージシャン、YACHTのためのロゴ、書体規格、それに数種類の印刷物からなるアイデンティティ。

YouTube Space Tokyo

YouTube Space Tokyo

六本木ヒルズにある、イベントスペース/マルチメディアスタジオYouTube Spaceのためのインテリア グラフィックデザイン スキーム。

Topsy identity

Topsy

Twitterに特化したサーチエンジン、Topsyのアイデンティティ。

「イエン・ライナムは仕事相手として最高の人物で、こちらがプロジェクトに求めていた以上のものを提供してくれる。彼は私やクライアントだけでなく、みんなの目を良い意味で丸くするにはどうすればいいのかを教えてくれる、素晴らしい目の持ち主です」

– ブワナ・スプーンズ

『クローンは故郷をめざす』

クローンは故郷をめざす

中嶋莞爾氏が脚本・監督を手がけ、エグゼクティブプロデューサーにヴィム・ヴェンダースを迎えた長編映画、『クローンは故郷をめざす』のロゴ、英語タイトルの考案、主要アートおよび紙面による広告キャンペーン。

Pecha Kucha Night

PechaKucha Night

ロゴとアイデンティティ。

NASA X Ian Lynam

NASA Hubble Telescope

NASAのエキシビジョンHubble Space Telescope: New Views of the Universeのアイデンティティ

「イエン・ライナムの素晴らしいシンプリシティと余白に対する理解と美意識は、見る者の目と心をまさに思い通りの場所に惹きつけてくれる。彼のデザイン作品の素晴らしさは、誰もが陥りがちなけばけばしさや無駄に目立とうとする部分がまったくないということだろうね。ただひたすらに目的に忠実なんだ」

– ジョー・ビール

Microcosm Publishing

Le Pigeon Little Bird

Le Pigeon と Little Bird

ポートランドの高級レストラン「Le Pigeon」と「Little Bird」のアイデンティティデザイン。

Letterfirm exhibition curated by Ian Lynam

Letterfirm

インターナショナルなタイポグラフィによる表現のエキシビジョン「Letterfirm」のキュレーションを行った。

東京・代官山にあるバスク料理レストランLe Comptoir Occitanのためのアイデンティティと関連するデザイン。

Le Comptoir Occitan

東京・代官山にあるバスク料理レストランLe Comptoir Occitanのためのアイデンティティと関連するデザイン。

「イエンとの仕事はひと言で言って理想的。彼は私たちが少し生煮えのアイディアを出しただけで、こちらが伝えたいと思っていた通りのアイデンティティを如実に物語る素晴らしいデザインを起こしてくれるんです。彼はほんの少しの情報から、こちらがどういったものを求めているのかを理解する稀有な才能の持ち主ですね。またどんなプロジェクトに対しても細心の注意を払ってくれますし、広く寛容な心で変更にも迅速に対応してくれます。彼以外の人に仕事を頼むことはもう考えられません」

– グレッチェン・ホーグ

Portland Documentary & eXperimental Film Fest

Joshu + Vela

Joshu + Vela

サンフランシスコに拠点を置くバッグとアクセサリーのデザイン会社、Joshu + Velaのアイデンティティ、パターンと印刷物のデザイン。

IDEA #360

アイデア #360

アイデア360号では、私が編集・デザイン・執筆を手掛けた特集が96ページにわたって掲載された。

Google Tokyo Office Interiors

Google Tokyo Offices

六本木のGoogleオフィスに誕生した新フロアのためのインテリアグラフィックデザインのスキーム構築を担当。

「イエンは腕利きの職人ですね。うちの会社でもアイデンティティの問題でプロの力が必要になったことがありますが、彼は我々の回りくどい説明をじっくりと聞いて、後日僕たちの頭の中で渦巻いていたものを完璧なバランスで表現したアイデンティティをプレゼンしてくれました。あれはまるで鏡を見ているような気分で、『これぞまさにうちの社だ!』と思いましたよ」

– トレヴァー・ファイフ

Field Office Films / True Blood

ポートランドの写真家Bitna Chungのアイデンティティ。

Bitna Chung Photography

ポートランドの写真家のアイデンティティ。

アイデンティティのデザインプロジェクト

Field Office Films

アイデンティティのデザインプロジェクト

BeBespokeのアイデンティティ。

BeBespoke

BeBespokeのアイデンティティ。

「イエンは芸術家、出版者、作家、デザイナーとして、(猫のように)九つの命を持っているんじゃないかと疑いたくなるほど活発に活動しているから、こちらは何をしているのか把握するだけでひと苦労です。でも彼はただ単に技術を提供してくれるのではなくて、高尚、低俗、ポップ、マイナーに関わらず様々な文化への深い理解を示してくれるから、それがクライアントにとって計り知れない価値になるのだと思います。他のデザイナーが最近のトレンドの上っ面をかすめるだけだとしたら、イエンは歴史の知識とモチーフや字形、そして彼自身が扱う画像の意味をしっかりと理解した上で根本まで掘り下げてくれるんです」

– クロエ・ユーダリー

Reading Frenzy